インタビュー / 採用担当から

「次、攻めてみよう!」を持ち続ける

採用活動を担当している2人に、ジェイエスピーが求める人物像、採用活動に対する想いを伺いました。

どんな人を採用したいですか?

駒井 その質問、あまり答えたくないんだよね。


採用・インターンの窓口となる駒井

分かります。繕ってこられたら意味ないですしね。

駒井 あえて言うなら、いろんな人。自分の個性を出せる人を集めたい。それがジェイエスピーの未来を作るんだと思う。

ジェイエスピーの未来を作る採用、ですね。

駒井 そう、何が正解か分からない。それでも一緒に考えて、力になれる人。昔は会社に従順である方が好まれたかもしれないけれど、上に物申せるくらいの人でないと会社は変わらない。そのためには、個性をしっかりと出せる人がいいな。

ジェイエスピーを変える新しい個性を求めているわけですね。だから、こんな人、と具体的に言えない、言わない。

駒井 個性と言っても「強烈な、変わった人」という意味ではないよ。それでもいいけど(笑)


主に新人・若手の研修を担当する原

その人の根っこの、想いの部分ですね。どんなことを経験し、考え感じてきた人なのか。どんな想いで物事に取り組んできた人なのか。

駒井 目指すところを同じにして一人ひとりがしっかりと責任持って行動することで、1つの大きな動きができる。個性が出れば出るほど、そのパワーは大きくなるんだ。我々の採用ひとつで、ジェイエスピーの未来、そして世界が変わる。

世界!大きく出ましたね!

駒井 そう、世界を変えたい。自分の考えや行動が変われば会社に良い影響を与えることが出来るし、会社が良い方向に変わればそれを取り巻く社会が変わっていくはずだよね。そして社会が変われば世界も変わる。ジェイエスピーから世の中を変えていく壮大なミッションだよ!

プレッシャーではないですか?

駒井 プレッシャーだよ!自分の仕事の仕方ひとつでジェイエスピーの動きが決まるんだから。しかもその人の人生に関わる仕事だからね。決断するのは本人かもしれないけれど、少なからず自分たちも影響は与えているはず。だから単に良い人だから採用!ではなく慎重にその人を見極めないといけない。

それでも採用担当であり続ける駒井さんの想いとは?

駒井 何事でも失敗した時って落ち込むよね。でもね、そのまま落ち込んでいたって何も生み出せない。そこから「次はこうしてみよう」という気持ちを持ち続けることが大切なんだ。そんな思いを共有できる人を増やしたい。

思いが共有できると、そこに仲間意識が生まれますよね。

駒井 そうなんだ。それに1人が失敗しても仲間がいればそれを補うことが出来る。それがチームだ。

最後にお2人から一言ずつお願いします。

世の中は人の想いで動いています。会社も人の想いが集まって動いています。ジェイエスピーのエネルギーとなり、世界を揺り動かすパワーになる。そんな人と一緒に、未来を作りたいですね。

駒井 悩んでないで考えてみよう。考えていないで行動してみよう。行動すれば景色が動き出す。もしも行動してみてダメでも「次、攻めてみよう」という気持ちを持ち続けることが大切。そうすれば必ず自分達の景色を変えていくことができるはずです。